プライバシー・インフォメーション記述- Art. 13 Leg. Decree 196/2003

 

登録のプロセスを完了することおよび/または確保されたエリアにアクセスしている、ウェブサイトのサービスを使用する場合は、(例えば、管理上関連するオペレーションや納税義務、ニュースレターの送信(リクエストされた場合)に、商品の購入および手段的動作を含む〉以下のことを記入し、この情報に同意して下さい。注記:、登録フォームおよび/または商品の購入、また支払いと出荷正式手続を完了するために要求された、いかなるその他の個人情報は、注文の処理と、契約を実行するために要求されます。個人情報の授与の失敗は、商品購入手続を完了することを不可能にする事があり、および/または、要求されたサービスを受け取ることができない場合があります。集められた全ての個人情報は、主に電子システムを使用し処理されますが、書面システムでの処理を行う場合もあります。

 

データコントローラーは、登録オフィス所在地がMontegranaro, 62012 (FM), via Alpi 133-135, i.v., C.F./R.I. N. 01884450444 in Fermo であるLevitas S.p.A、および登録オフィス所在地がViale Sarca, 336 - 20126, Milan (MI) Italy, であり、tax コード, VAT ナンバー および ミラノビジネス登録番号: 02912880966であり、株式資本が、€ 42,678.00であるTriboo Digitale S.r.l. です。Triboo Digitaleは、ウェブサイトのセールスとトランサクションのみに責任があり、例としては、商品注文、セールス、発送、返送、および保障マネジメントと、その他のウェブサイトを通し商品のセールスなどがあります。ウェブサイトでの商品のセールスにおいて、それらの任務を行うため、Triboo Digitaleは、co-データコントローラとしてユーザーが使用するユーザーの名前、住所、クレジットカード情報などの適切なプライバシーコード、ユーザデータに従い、(クレジットカード保持者の名前、カード番号、有効期限、セキュリティコードなど)キャパシティの範囲内でプロセスを行います。

 

Levitas S.p.Aは、ユーザーがLevitas S.p.A からのプロモーション用であり、ユーザが購入した商品やサービスと似たLevitas S.p.A の商品やサービスをEメールを介して送る、Eメールオプションを、ユーザーが後に述べる手続に従って拒否する権利(L.D. 196/2003130第4条、3項)のもとに拒否しない限り、Levitas S.p.A の商品やサービスをEメールを介して送るために、ユーザーのデータを使用することができます。

 

更に、ユーザーのメールを拒否する事が受理された場合、そのデータは、Levitas S.p.A.によって、ユーザーがそれまでに購入していない商品やサービスのプロモーション・マテリアル、ニュース、プロモーションなどのマーケティング目的のために処理される場合があります。

 

それには、既存の支払い以外、いかなる目的においても、ユーザーのクレジットカードに関連するデータは含まれていません。既存の支払いとは、支払いを受け、支払い管理が更なる管理と議論の手続きを要求することです。この目的により、データはまた、オンライン決済サービスを提供する銀行により処理され、更にユーザーが使用するクレジットカードを発行した機関に、注文を確認するために情報が送られます。

 

現時点では、ユーザーの個人データを処理することができる、データプロセッサー主任の一つが、商品の発送と返品に関し必要となるデータの処理を行う、Arcese Logistic S.r.l.,です。

 

個人データを処理することができる全ての機関のリストについては、カスタマーケアセンターにご連絡いただくか、privacy@triboo.it までEメールにてご連絡ください。

 

前記の目的のため、データを処理することに指名されたカテゴリーは、ウェブサイト管理、管理、カスタマーケアサービス、マーケティング活動(同意が得られるところ)、ITシステに割り当てられたスタッフを含む、および、私どもの代理としての第三者(例としては、ITサービスメンテナンス、運送会社、法律顧問、プロモーションキャンペーンの現実化および/または管理に割り当てられた企業など)です。それらは、また、同じく情報を受け取ることについて権限を与えられる公的団体となり得ます。

 

Art. 7, L.D. 196/2003において、Triboo Digitaleに、上記のEメールアドレスに連絡をすることで、データの閲覧、更新、削除、を含むまたはマーケティング目的のための処理に対して、以下の権限が施行されます。データプロセッサー主任の完全な更新されたリストのご要望も、同じ手続きで行うことができます。

それは、包括的な情報を提供するために、この文書の終わりに転記される。

 

政令番号196/2003第7章 -個人情報アクセスの権利とその他の権利


1.関連者は、たとえ未登録の場合、および理解できる形での通信においても、消費者の個人データの存在の確認を得る権利が与えられる。


2. 関連者は、以下の情報を取得することができる
a)個人情報の情報源;
b)範囲や方法へのプロセス;
c)電気機器でプロセスが行われた場合においての使用された倫理回路;
d)第5章、2項に記述の通り、データコントローラ、データプロセッサーと管理者の身分証明の詳細
e)個人データの内容、またはカテゴリーが明らかにされうること、または任命されたローカル管理者、データプロセッサー、またはデータコントローラの資質の情報に詳しい者。
3.関係者は、以下を得る権利がある;
a)必要な際の更新、訂正、またはデータの統合
b) 削除、また、収集または処理された範囲に関しての保存を必要としないデータを含む、法律の違反において、匿名であるかまたはデータ処理がブロックされる変化;
c) 手紙a)とb)において示されているオペレーションが通知されているかの確認、またそれらの内容 、主題において、通知で不可能であると証明された、または明らかに不均衡な方法の使用を必要とする場合、権利が 保護されている という証明を除き、そのデータが開示された、または流布されたかの確認
4.関係者は、全てにおいて、または部分的に反対する権利を持っている:
a) 合法な理由における、徴収目的との関連がある場合のユーザーの個人的なデータの処理;
b) 広告または直売素材の伝達のため、または市場調査、販売通信を実行するための消費者の個人データの処理。